伊藤つかさ「水色ノート」&バダジェフスカ「乙女の祈り」
0
    JUGEMテーマ:No Music, No Life

    伊藤つかさ「水色ノート」
    バダジェフスカ「乙女の祈り」
    この2曲をミックスして、ピアノ用に編曲しました。

    水色ノートの調性(原曲は変ホ長調ですが)手元にある楽譜はハ長調で書かれてあります。
    間奏部分は転調して変ホ長調になるのです。

    余談ですが、この間奏部分でセリフが入ります。
    「私に魔法が使えたら、あなたの心、少しだけのぞいてみたいの。いいでしょ。」なんて言ってます。

    余計なお世話かもしれないけど、これはやめておいたほうがいいと思います。
    世の中、知らないほうが幸せだということがたくさんあります。
    他人の心の中なんてのぞいてしまったら、本当のことを知ってしまって後悔することになります(汗)

    話がそれてしまいましたが、本題に戻します。
    間奏部分が変ホ長調に転調するということで、私はひらめきました。

    変ホ長調というと、バダジェフスカのお得意の調ではないですか。
    「乙女の祈り」をはじめとして、バダジェフスカの作品には変ホ長調で作曲されたものが多いです。

    そこで私は考えました。
    間奏部分をそっくりそのまま乙女の祈りに置き換えて演奏しようと。
    実際、そのようにやってみると、何ら違和感なく聞こえるではないですか。

    伊藤つかさ&バダジェフスカの音楽が上手く融合できたわけです。

    伊藤つかさの音楽の世界

    バダジェフスカの音楽の世界
    | アサキミュージック | バダジェフスカ&伊藤つかさ | - | - |
    伊藤つかさ「少女人形」、バダジェフスカ「乙女の祈り」の主題による幻想曲
    0
      JUGEMテーマ:No Music, No Life

      今、エレクトーンで練習している曲
      ”伊藤つかさ「少女人形」、バダジェフスカ「乙女の祈り」の主題による幻想曲”

      80年代にアイドル歌手として活躍された伊藤つかささんと、ピアノ曲の定番「乙女の祈り」を作曲したバダジェフスカさんの曲を癒合した曲です。
      私がクラシック音楽風に編曲しました。

      伊藤つかささんがアイドル歌手としてデビューした当時は14歳でした。
      15歳未満の児童は午後8時以降労働してはいけないと、労働基準法で決められていました。
      なので、午後8時以降の歌番組には、生出演できませんでした。

      そういういきさつがあったので、私もこの曲は午後8時以降は練習しないことに決めてます。
      時間的な制約があって、練習時間を確保するのが大変なのですが、自分で決めたことなので、仕方がありません。

      少女人形と乙女の祈り、全く別次元の音楽のように思われるかもしれませんが、私にとってはどちらも癒しの音楽なのです。

      バダジェフスカ

      伊藤つかさ
      | アサキミュージック | バダジェフスカ&伊藤つかさ | - | - |